花粉対策~〇〇を辞めてみて改善~

花粉対策~〇〇を辞めてみて改善~

LINEで送る
[`evernote` not found]
Bookmark this on Google Bookmarks

みなさま

こんにちは

美容と健康のまくら調整

あきさわ かずみです。

 

 

飛んでいますね~

花粉・・

e4947e551c2e93b2c267eaae4de4a263_s

おかげさまで花粉症ではありませんが

やはり花粉は感じます。

 

ちょっと目がごろごろするのです。

 

私もカイロプラクティックに出会う前は立派な花粉症でした。

デビューは秋!!! 春じゃないっているのが私らしい・・

 

 

カイロで花粉も治る!と信じて挑み

見事に治ったのですが、同時に「食べ物」も気を使いました。

 

アレルギーは食べ物ととっても関係しているからです。

 

 

この時期にオススメは

赤身肉やささみ、また魚。

青魚などに多く含まれている不飽和脂肪酸のEPAやDHAは、アレルギー症状を抑える働きがります。

 

ビタミンB6は、免疫機能を正常に維持するのに必要で、不足するとアレルギーが出やすくなるので

しっかりとって下さい。

 

鼻や眼の粘膜の炎症、かゆみは、活性酸素が増えるとひどくなります。

ビタミンCやビタミンA、ビタミンEなどは、抗酸化作用のある栄養素をとることが重要です。

 

ですが、私は摂るよりも減らす方が効き目があったのですよね♪

 

ダイエットでも〇〇を食べると痩せる

 

お菓子をやめれば痩せる!と同じように

 

 

実は私たちってアレルギーになりやすい物を摂り過ぎなのです。。

 

 

普段の食事でとっている

 

スイーツ、アルコール、香辛料、カフェインを辞めるだけで

花粉の症状が和らぎます。

dessert-352475_640 (1)

甘い食べ物は食べ過ぎると、炎症を起こしやすくなり

アルコール、香辛料、カフェインは粘膜の毛細血管を刺激して、鼻水がひどくなるのです。

coffee-983955_640 (1)

 

 

当たり前なのですが

タバコの煙に含まれる有害物質も鼻の粘膜を刺激し、

体内の活性酸素を増やし、花粉症の症状を悪化させるのです。

 

 

 

副流煙で花粉のご家族や周りの方の症状が悪化することもあるので

ぜひこの時期はお控えください。

 

cigarettes-923183_640

 

——-
眠りを改善するカイロプラクタ―
美容と健康のまくら調整
あきさわ かずみ

 

 

(Visited 9 times, 1 visits today)