運動したら倍休め!

運動したら倍休め!

LINEで送る
[`evernote` not found]
Bookmark this on Google Bookmarks

こんにちは

美容と健康のまくら調整

 

あきさわ かずみです。

 

まぁ

なんて過激なタイトルでしょう(笑)

 

でもまぁ

言いたいことは伝わったかなぁ。 :-)

 

 

そうなのです!

健康のための運動で体を悪くしてしまうのは

それ以上に大切な休息をおろそかにしているから!!

なのですよ。

 

 

こちらの本

結構過激です!

病気の9割は「運動」が原因

IMG_4564

主に60代以上の方向けの本なのですが

運動信仰により健康を害している事について

書いてあります

 

ですが60代以下人たちにも結構当てはまっています。

 

それは

「回復力」を無視した運動をしていると健康を害す!という事

 

これには個人差があるので

ご自分でしっかり体の声を聞いて

いないといけないのですが、

 

私の場合

週一回のキックボクシング60分のレッスンを受けた日は

睡眠時間を2時間増やしています。

FICI7256

 

そうしないと、体には疲労がたまるし、調子も悪くなるのです。

 

 

そのエクストラの2時間は

30分毎にアラームを掛けて、枕の高さを観察しているのです。

この一手間を忘れると寝違えたり、翌朝腰が痛かったり、肩こりがあったりします。

 

 

旅先で遊び呆けているときはテンションがおかしいからか

全然気になりませんが、

自宅に戻ったら翌日の午前中は

枕の高さを合わせて休んでいます。

 

 

高尾山登山や奥多摩湖30kmハイクなど

一日中歩いている時も翌日の午前中は寝ています。

 

ですので、先日のトランポリン後もしっかりみっちり2時間枕を合わせておりました。

 

疲れた~

バタン!と寝てしまうと

翌朝もまだ疲れが残っているのはそのせいです。

skiers-5481_640

 

 

おそらく多くの方は

そんな時間はない!

と翌日から精力的に活動していると思います。

 

ですが、休息時間を予定に組み込めば

もう少し体も楽になるのです。

 

 

体をたくさん動かした後は

動かした以上の休息と枕の高さを気にしないと

痛みなしの快適生活は私には送れないのです。

 

woman-591576_640

運動以外にも

休息が必要な事

まだまだあります。

じゃんじゃん放出いたします♪

お付き合い下さいませ。

 

 

——-

眠りを改善するカイロプラクタ―

美容と健康のまくら調整

あきさわ かずみ

(Visited 23 times, 1 visits today)